「不安」の手放し方【本】第二夜

o_hakase.jpg
本読んだぐらいで不安がなくなるもんかなぁ。。。




o_tsuna.jpg
まあ、物は試しです。読んでみてください。



〜数日後〜
o_hakase.jpg
よ!ツナ!



o_tsuna.jpg
あら、博士。不安はすっかり解消ですか?



o_hakase.jpg
あぁ、バッチリや!



o_tsuna.jpg
(博士の影響されやすさもあいまって、効果はバッチリですね)



「不安」の手放し方【本】第一夜

o_hakase.jpg
はぁ〜



o_tsuna.jpg
博士!どうしたんですか?



o_hakase.jpg
ツナか。。。はぁ〜。



o_tsuna.jpg
いつにも増して深刻ですね?何かあったんですか?



o_hakase.jpg
うん。おれ、不安やねん。



o_tsuna.jpg
不安、なんですか、、、じゃあこれはどうですか?加藤 諦三著『「不安」の手放し方』



まんがで分かる7つの習慣3【本】第十三夜(最終)

o_hakase.jpg
大好評で第3弾まで出た「まんがでわかる7つの習慣」。習慣の数から考えると次でも出るな。




o_tsuna.jpg
次で終わり何ですかね?



o_hakase.jpg
第6、第7の習慣のあとは次へ繋いでいくという事が残っていてそれを書ききれば終わりなんやけど。



o_tsuna.jpg
はい。



o_hakase.jpg
マンガの物語も面白くて気になる。特に主人公の歩ちゃんがかわいい。NHK教育とかで映像化せーへんかな?


o_tsuna.jpg
まーた博士の悪い癖です。各章ごとにカクテルのレシピが入ってて変わっててNHK教育っぽいですもんね。やるかも。


o_hakase.jpg
「もしドラ」の例もあるしな。ちょっと流行るかも。



o_tsuna.jpg
そうなるとこのブログも人気が出て、うへへ。



o_hakase.jpg
ツナ、、、この本もう一回1巻から読もうな。


まんがで分かる7つの習慣3【本】第十二夜

o_hakase.jpg
誰かにアドバイスされたときに自分ならこうするって言うのと同じやと思えへんか?





あ!確かに。そのやり方でうまくいったのはその人であって、誰でもそのやり方でうまくいくとは限りません!眼鏡と一緒!


o_hakase.jpg
せや。相手が何を考え何に困っているかという事をよーく聴いてやる必要があるんや。



o_tsuna.jpg
だから「傾聴」なんですね。



o_hakase.jpg
表面的な事象はあくまで結果として表れたものでしかない。例えば頻繁に忘れ物をする子供は実は注目を集めたいからかもしれない。


o_tsuna.jpg
それで先生や親が構ってくれますもんね。お腹が痛くなって休めば周りが心配してくれると分かればお腹が痛くなればいいと思ったりする。



それと同じや。本当の原因は自分が注目されていない、大事にされていないと感じていることにある。




そしてそんな気持ちを聴いてもらえば少し心が軽くなります。


まんがで分かる7つの習慣3【本】第十一夜

o_hakase.jpg
第5の習慣は「傾聴」や。




o_tsuna.jpg
これも良く聞きますね。まさに良く聴くです。



o_hakase.jpg
せや。これは面白い例え話があってな。



o_tsuna.jpg
はい。



o_hakase.jpg
目が悪くなって眼科に行く。すると医者は自分の眼鏡を渡してかけろと言うんや。



o_tsuna.jpg
めがね、めがね。



o_hakase.jpg
「どう?良く見えるでしょ?いい眼鏡なんだよ」と自慢げや。



o_tsuna.jpg
いやいや、眼鏡はそのお医者さんの目の悪さに合わせたものだから患者さんに合うかどうかは分からないし、むしろ合わない方が多いです。

まんがで分かる7つの習慣3【本】第十夜

o_hakase.jpg
テレビドラマなんかでも「こっちからお断りよ!ばかやろー」みたいなことを言って「先輩!スッキリしました!」なーんてシーンがあるやろ?



o_tsuna.jpg
はい。



o_hakase.jpg
でも実際仕事が無くなったら大変や。



o_tsuna.jpg
お給料でないですもんね。



o_hakase.jpg
という事は「断る」という選択をするときには別の仕事を用意しておく必要がある。



o_tsuna.jpg
そこまでやって「断る」という選択をするってことか。それって仕事の出来る人のイメージがあります。



o_hakase.jpg
せやろ(キラーん)



o_tsuna.jpg
いや、別に博士がとは言ってませんよ。



20140131hakase.jpg

まんがで分かる7つの習慣3【本】第九夜

o_hakase.jpg
そこからの仕事はいつもタイトで低予算。仕事をこなしているスタッフも「またか」とため息ばかりやとする。




o_tsuna.jpg
モチベーション落ちますね。



o_hakase.jpg
一定の仕事があるので断りずらい。取引先はいつも「Win-Win」という。



o_tsuna.jpg
微妙っすなぁ。



o_hakase.jpg
本当の「Win-Win」は金銭面だけではなくお互いの成長や満足も含めて考える事であり、一方的な「Win」を押し付けることではない。


o_tsuna.jpg
あ、もしかして第3の習慣に出てきた「断る勇気」というのが関係しませんか?無茶な仕事を押し付けられた「お断りします」っていう選択肢もあると。


o_hakase.jpg
ええとこに気づいたな。ツナの言うように「断る」っていう選択も持っとかなあかん。ただな、青くさい発想はあかんで。


o_tsuna.jpg
青くさい?



まんがで分かる7つの習慣3【本】第八夜

o_hakase.jpg
第4の習慣からは公的成功へと入っていく。




o_tsuna.jpg
自己実現から社会貢献というイメージですね。



o_hakase.jpg
せや。最終的に目指すのは「優れた人格」これは自他共に認められてこそや。



o_tsuna.jpg
第4の習慣は「Win-Win」でしたね。でも何だか一般的過ぎて今更?って思ってしまいます。



o_hakase.jpg
せやな。ところが本当の「Win-Win」を理解してる人は少ないんちゃうか?



o_tsuna.jpg本当の「Win-Win」ですか?33.png

o_hakase.jpg
例えば付き合いの長い取引先があったとする。



o_tsuna.jpg
はい。



まんがで分かる7つの習慣3【本】第七夜

o_hakase.jpg
他人から誘われた場合もそうやけど、自分の中の誘惑にも勝たなあかんな。




o_tsuna.jpg
他人よりも自分の方が手ごわそうですね。



o_hakase.jpg
ここでは緊急度と合わせてマトリクスを作る。

・緊急で重要なもの
・緊急だが重要ではないもの
・緊急ではないが重要なもの
・緊急ではないし重要でもないもの



o_tsuna.jpg
研修なんかは早く身に着けた方が実践の時間が長くなりますから緊急で重要なものですね。



o_hakase.jpg
それを客観的に判断することが重要や。



o_tsuna.jpg
やはり自分の信念が大切ですね。



o_hakase.jpg
それが第2の習慣である「目的を持つ」という事やな。



o_tsuna.jpg
ああ、それが習慣としてあるから何を選択するかが決まるって事ですね。



まんがで分かる7つの習慣3【本】第六夜

o_hakase.jpg
そこですし屋や洋食屋に入ったらあかんという事や。





博士、言わんとすることはなんとなく分かりますが、例えが食べ物だとちょっと(ぐー)




せ、せやな。夕食前に食べ物のたとえはまずいな。ほんなら、自分の仕事に関係しそうな研修があったとする。



o_tsuna.jpg
いきなり、現実的ですね(笑)




同じ日に好きなアーティストのコンサートに誘われた。しかもコンサート前に楽屋に行ける権利もついてる!ツナならどうする?



えー!めったにないチャンスじゃないですか?研修はまた別の日にもありそうだし、、、でもこの場合は研修です。



o_hakase.jpg
せや、そこでコンサートに行ったらあかんって事や。



o_tsuna.jpg
優先事項を大切にして、誘いを断るという勇気が必要って事ですか。



♪お知らせ♪
◆茶話夜話ラインスタンプ発売中
   茶話夜話ラインスタンプ

◆Twitter はじめました。
   @zerohachi_008ゼロハチ

◆ホームーページ
   08 -ゼロハチ-
プロフィール
読んだ本や映画について紅茶でも飲みながら話しているところです。 お問合せ:sawayawa1213@gmail.com
博士
はかせ1 理系の話が好き。 考えてから損のないように行動すべきだと常に考えている。
ランキング参加中
ツナ
はかせ1 みんなで協力して、世界を救うような熱い話が好き。 そういう風になりたい。
リンク
管理
カテゴリ
検索フォーム
話題の本
選択する:

Amazonで検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク