統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第二十夜)

o_hakase.jpg
海外でどんどん安い製品が登場している。




o_tsuna.jpg
はい。家電や食品なんか多いですね。



o_hakase.jpg
きっちり品質管理された国内製品と同じ並びに海外の製品が並ぶ。



o_tsuna.jpg
はい。



o_hakase.jpg
その時何が起きるかというと、日本で当たり前の品質が横に並んでる海外製品にも備わっていると思い込んでしまうことがあるんや。



o_tsuna.jpg
極端なことを言うかもしれませんが、購入の時は、家電が火を噴く可能性なんて考えないですもんね。


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十九夜)

o_hakase.jpg
そしてアメリカでは21世紀の若者に必要な要素の一つにこの統計学を入れたんや。




o_tsuna.jpg
アメリカで統計学がしっかりと根付いていったんですね。



o_hakase.jpg
国が方向性を示してるからな。一方日本では統計学の事は忘れられ、品質に対する意識もだんだん下がってきている。


o_tsuna.jpg
確かに自動車業界や食品業界など、いろんな問題が起きていますね。



o_hakase.jpg
もちろん企業も壮絶な努力をしている。でも一方で日本人は品質に関する感覚を失いつつあるんや。



o_tsuna.jpg
どういうことです?


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十八夜)

o_tsuna.jpg
シューハート管理図って何ですか?




o_hakase.jpg
品質のばらつきを管理するために目に見えるようにしたグラフの事やな。



o_tsuna.jpg
それを考えた博士の弟子がデミング博士という事ですね。



o_hakase.jpg
せや。当時の日本は敗戦して国力を失っていた。よいものを作ろうと必死やったはずや。



o_tsuna.jpg
でも博士は戦後とは無縁でしょ?



o_hakase.jpg
ま、まあな。



o_tsuna.jpg
だめですよ。知ったかぶりは。



o_hakase.jpg
てへ。


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十七夜)

o_hakase.jpg
その統計学者の名前はデミング博士。シューハート管理図を作り出したシューハート博士の弟子や。




o_tsuna.jpg
品質管理の世界ではデミング賞っていう名誉ある賞があるんですよね。そのデミング博士ですか!



o_hakase.jpg
せや。デミング博士は日本の品質を高めるために尽力し、アメリカにもまねができないほどの成果をあげる。


o_tsuna.jpg
戦後驚異的な速度で復興を果たした裏にはそういった経緯もあるんでしょうね。



o_hakase.jpg
デミング博士はその結果を自国へ持ち帰り、大統領に統計学の重要性を説いたんや。



o_tsuna.jpgおお、大統領!01.png

統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十六夜)

o_hakase.jpg
だからと言ってじゃあ何でもかんでもデータとしてとりあえず取りましょうかってのが日本のビッグデータになってる気がするんや。



o_tsuna.jpg
まぁ、あるだけあればいいような気がしますけど、手間もかかりますし、全く使わないデータを保存しておくのも無駄かもしれません。どんな統計的手法を使うからどんなデータを取っておく必要があるのかってことですね。確かに。


o_hakase.jpg
特に日本は戦後の品質向上に統計学が大きく貢献していることを知らない人が多すぎる。



o_tsuna.jpgというと?51_kirin.png

o_hakase.jpg
敗戦した日本は安い人件費で多くのものを作らされた。ところが品質は劣悪。これに業を煮やしたアメリカはある統計学者を日本へ派遣するんや。


o_tsuna.jpgある統計学者とは?33.png


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十五夜)

o_hakase.jpg
この10年で最もセクシーな職業は統計課であるという名言も飛び出した統計学。




o_tsuna.jpg
せくしぃ。。。注目度の高さがうかがえますね。それだけに扱いも難しいでしょうね。



o_hakase.jpg
統計的なアプローチは多岐にわたる。どんな手法をどう使うかが重要になってくる。



o_tsuna.jpg
しかも元となるデータがすでに偏っていたら正しい結果が見つけられないどころか、間違った結果になってしまうかもです。


o_hakase.jpg
企業でも売り上げの傾向と分析なんかやってるけど、元のデータがどう取られているかをよく見ておかないと、経験値からの勘の方が正しかったってことになるからな。


o_tsuna.jpgどっちがいいんでしょうね?33.png


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十四夜)

o_hakase.jpg
そんなランダム化が期待できない場合に登場するのが「傾向スコア」という考え方や。




o_tsuna.jpg
傾向スコア?



o_hakase.jpg
せや。煙草を吸うか吸わないか以外の条件を同じにできない以上、外的要因も含めて「煙草を吸いやすい環境に暮らす人々」と「煙草を吸いにくい環境にいる人たち」を比較するんや。


o_tsuna.jpg
なるほど。煙草を吸う人の中の差異と、煙草を吸わない人の差異が同等であるような集団を想定して、その中で発がん率を比較するという事ですね。


o_hakase.jpg
そういう事や。


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十三夜)

o_hakase.jpg
やはり、実際に健康に悪かったというデータがないといけない。




o_tsuna.jpg
タバコが健康に悪いということをですか。。。まあ、統計的に証明した方が説得力が増しますね。



o_hakase.jpg
今は車もガンガン走ってて排気ガスが充満した世界や。



o_tsuna.jpg
肺がんになってもそれが煙草のせいなのかはわからないという事ですね。



o_hakase.jpg
だから煙草を吸うのと吸わない以外の条件が全く変わらないものにしないと比較ができない。



o_tsuna.jpg
確かに厳密にはそうかもしれませんが、、、そんなこと言われてもいろんな要素が少しずつ違います。


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十二夜)

o_hakase.jpg
煙草を吸うと健康に悪い。




o_tsuna.jpg
ええ。よく聞きますね。



o_hakase.jpg
なんでや?



o_tsuna.jpg
。。。臭いから。。



o_hakase.jpg
ほんならくさやや納豆は健康に悪いんか?



o_tsuna.jpg
僕が嫌いなにおいは健康に悪いんです。



o_hakase.jpg
ある意味それも正解なきがしてきた。
いやいや!!ここでは!少なくともここでは、統計学の話や。


統計学が最強の学問である(西内啓著)【本】(第十一夜)

o_tsuna.jpg
正確なデータを得るのって難しそうですね。




o_hakase.jpg
せやな。どうしても都合のよさそうなデータばっかり集めてしまいそうやもんな。



o_tsuna.jpg
そういえば博士、昨日までの10日間決まった時間に出かけていますがどこへ?



o_hakase.jpg
え?いやーそのー、特にどこへという事わ。



o_tsuna.jpg
先月はそんな事ありませんでしたよ?どこへ行かれているんですか?



o_hakase.jpg
まあそんな細かいことはええがな。



o_tsuna.jpg
いーえ。よくありません。さあ、正直におっしゃい!



o_hakase.jpg
あなた何者??


♪お知らせ♪
◆茶話夜話ラインスタンプ発売中
   茶話夜話ラインスタンプ

◆Twitter はじめました。
   @zerohachi_008ゼロハチ

◆ホームーページ
   08 -ゼロハチ-
プロフィール
読んだ本や映画について紅茶でも飲みながら話しているところです。 お問合せ:sawayawa1213@gmail.com
博士
はかせ1 理系の話が好き。 考えてから損のないように行動すべきだと常に考えている。
ランキング参加中
ツナ
はかせ1 みんなで協力して、世界を救うような熱い話が好き。 そういう風になりたい。
リンク
管理
カテゴリ
検索フォーム
話題の本
選択する:

Amazonで検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク