アドラー心理学 人間関係編【本】(第三十二夜)

o_tsuna.jpg
結局母親は変われるんでしょうか?




o_hakase.jpg
さあな。他人と過去は変えられへんからな。何にしても人が「変わる」という事は未来へ向けて進むという事や。


o_tsuna.jpg
アドラー心理学は未来志向型でしたね。



o_hakase.jpg
過去の自分がどうであれ、これからの未来を決めつけるものではないんや。



o_tsuna.jpg
トラウマや性格のせいにして何かをしないという選択は未来を狭めているんですね。



o_hakase.jpg
肉体的な限界や、金銭的な制限はある。何でもかんでも自由になるわけではないけど、それに向かって進めないことはない。そしてダメだった時でも進めた自分がいることに変わりはないから、それが自信になっていくんや。


o_tsuna.jpg
結果を変えるには行動しかない、です。


コメントの投稿

非公開コメント

♪お知らせ♪
◆茶話夜話ラインスタンプ発売中
   茶話夜話ラインスタンプ

◆Twitter はじめました。
   @zerohachi_008ゼロハチ

◆ホームーページ
   08 -ゼロハチ-
プロフィール
読んだ本や映画について紅茶でも飲みながら話しているところです。 お問合せ:sawayawa1213@gmail.com
博士
はかせ1 理系の話が好き。 考えてから損のないように行動すべきだと常に考えている。
ランキング参加中
ツナ
はかせ1 みんなで協力して、世界を救うような熱い話が好き。 そういう風になりたい。
リンク
管理
カテゴリ
検索フォーム
話題の本
選択する:

Amazonで検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク