FC2ブログ

幸せになる勇気【本】(第百九夜)



o_hakase.jpg
今回は長かったな。



o_tsuna.jpg
はい。茶話夜話史上最長です。



o_hakase.jpg
伝えたいことはとてもシンプルなんやけど理解の方法というのが人の数だけあるんやろうな。



o_tsuna.jpg
「わたしたちの愛」みたいに十人十色の心模様です。こういう話は最初から苦手という人もいるでしょうし。



o_hakase.jpg
特に何か教えを説くつもりもないけどな。俺らは俺らでわーわー言うてるだけやし。



o_tsuna.jpg
このブログがきかっけで本を手に取ってくれたらそれだけでいいのかもしれません。



o_hakase.jpg
せやな。はいツナ。



o_tsuna.jpg
あーおはぎ!買ってきてくれたんですね。ありがと博士♪




幸せになる勇気【本】(第百八夜)



o_hakase.jpg
そうそう。等身大の自分を認識して、自己主張していないか常に確認しながら、共同体を育てていくことを忘れずに、目の前にある仕事や役割を懸命にこなすんや。


o_tsuna.jpg
そういうものに私はなりたい。



o_hakase.jpg
はは。雨にも負けずか。良く考えてみるとアドラーと共通しているところが多いかもな。



o_tsuna.jpg
例えば?



o_hakase.jpg
「決して怒らず、いつも静かに笑っている」とか「あらゆることを、自分を勘定に入れずに、よく見聞きし分かり」とか後半は他人の為にかけずり回る、自然の中では無力を感じ最後は「褒められもせず、苦にもされず」や。


o_tsuna.jpg
自己主張というものがないですね。




幸せになる勇気【本】(第百七夜)



o_hakase.jpg
何不自由なく生きていると見えないものがある。明日は必ずやってくるし、当たり前のように家があり、家族がいる。



o_tsuna.jpg
でもある日突然事故や災害で家族を失ってしまうこともあります。



o_hakase.jpg
ありきたりな言葉かもしれんがそうなってしまった後で「こうしておけばよかった」と思わないように、自分の周りにいる人を尊敬し、自分の居場所があることを嬉しいと感じることが必要なんかもな。


o_tsuna.jpg
朝起きたら「今日も生きられるんだ」と感じることができればまた違った1日になるでしょうね。



o_hakase.jpg
なかなかでけへんけどなぁ。




ふふ、博士はいつも眠そうですもんね。でも、それも人間っぽくてよしってことです。




幸せになる勇気【本】(第百五夜)


o_hakase.jpg
アドラーが考えたのは、皆に少しでも人生を楽しんでもらうための工夫みたいなもんかもしれんな。



o_tsuna.jpg
絵空事だけでは世界は成り立ちません。時に具体的でかつ局所的な悩みというものもあって全てが解決する方程式があるわけじゃない。


o_hakase.jpg
例えば生まれつき病気を持った人もいて、そうでない人と比べるとできることは変わってくるわな。



o_tsuna.jpg
そんな中でも懸命に生きるということを必死にやっている人もいて、そういう姿に心を打たれることも良くあります。



o_hakase.jpg
なぜか?一見自分の方が多くのものを持っているはずなのに、なぜ感動するのか?



o_tsuna.jpg
生きる決意の固さみたいなものを感じているんでしょうか。




幸せになる勇気【本】(第百四夜)



o_hakase.jpg
そうやって繰り返し自問自答する中で「自分」を捨て「共同体」に身を置き「全体愛」からさらに「わたしたちの愛」へと理解を深めていく。すると見えてくるものがある。


o_tsuna.jpg
なんでしょう?



o_hakase.jpg
「そのままでいいんだ」ということかもな。ありの〜♪



o_tsuna.jpg
それが自分の居場所があるということですね。僕は生まれてきてこうして生きている。そのことが居場所のある証なんです。


o_hakase.jpg
青いサングラスを外したその先に見える景色は、もしかすると残酷かもしれない。でも自分が生きている世界は間違いなくその目の前に広がってる世界や。


o_tsuna.jpg
自分で勝手に解釈を変えて認識している限り、本当の姿は見えないんですね。



♪お知らせ♪
◆茶話夜話ラインスタンプ発売中
   茶話夜話ラインスタンプ

◆Twitter はじめました。
   @zerohachi_008ゼロハチ

◆ホームーページ
   08 -ゼロハチ-
プロフィール
読んだ本や映画について紅茶でも飲みながら話しているところです。 お問合せ:sawayawa1213@gmail.com
博士
はかせ1 理系の話が好き。 考えてから損のないように行動すべきだと常に考えている。
ランキング参加中
ツナ
はかせ1 みんなで協力して、世界を救うような熱い話が好き。 そういう風になりたい。
リンク
管理
カテゴリ
検索フォーム
話題の本
選択する:

Amazonで検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク